≪よくある質問≫

こちらに掲載されている回答内容は24thWWEに適用されるものです。
次回以降につきましては、その回担当オーガナイザーの運営方針により
回答内容が異なる部分も出てくると思われますので、あらかじめご了承下さい。

WWEの成り立ちや、過去に開催されたプログラム内容にご興味のある方は、
『WWEの歴史』というサイトをご参考になさって下さい。

 

 


 

①-1.WWE(ウーマンズ・ウィークエンド)について

Q.「ウーマンズ・ウィークエンド」って何? 

 
『ウーマンズ・ウィークエンド(WWE)』というのは1993年(平成5年)に発足し、以後23回にわたって開催されてきた『女性による女性のための非営利イベント』です。様々な年齢、人種、国籍、セクシュアリティをもつ女性がお互いを尊重し、交流を深めることを目的としています。 

 

WWEは宿泊対応型(日帰り参加も可)で3日間にわたり開催されています。
運営は全て有志によるボランティアで行なわれています。

名前の由来は、週末に開催されるところから名付けられたそうです。
そのため、日本各地に「○○ウィークエンド」(WE)という名称のイベントがあります。(ちなみに東海WWEと北海道WWEは、この(東京の)WWEに参加された方が立ち上げたものです)

 


Q.主催者は誰なの?

 
WWEは特定の同一人物によって運営されているわけではありません。
毎回、参加者の中から立候補・推薦された人たちがオーガナイザーとなります。
オーガナイザーは、基本的に開催ごとに入れ替わり、運営方針もその回の人たちに一任されます。(そのため"女性"の定義、参加費、受付方法などは、その時々のオーガナイザーによって変わります)


 

Q.イベント内容は?

 
開催期間中には様々なテーマのワークショップが開催されます。
※その回のWWEによってイベント内容は変わります。

 
セクシュアリティについて考える、ゲームをする、カップリングパーティー、体を動かす、ビデオを見る、特定のテーマで話し合う、アクセサリー作り、他愛ないおしゃべりなどなど、バラエティ豊かな内容で女性同士が楽しみながら交流できるイベントとなっています。具体的な内容はタイムテーブルを参考になさって下さい。

 

Q.オーガナイザーって何?

 
オーガナイザー(organizer)はオルガナイザーとも呼ばれています。
WWEでは、WWEを企画・運営する「世話人」や「まとめ役」という意味合いで使っています。
※「オーガナイザー(主催者)」対「参加者」の関係は一般的なイベントでは当たり前ですが、WWEでは「オーガナイザーも参加者の一員」という認識のもとで運営を行なっています。



Q.ワークショップって何?

 
ワークショップ(workshop)は、もとは仕事場、作業場、工房といった意味ですが、講習会、分科会といった呼ばれ方もします。
参加者同士が自主的に参加・体験する事で何かを得る体験型の講座の事です。
WWEでは「WS」と略して使う事が多いです。


 

Q.ヘルパーって何?


ヘルパー(helper)は「お手伝い」「助手」の事で、オーガナイザーの手が回りにくい部分をサポートする係です。(ヘルパーもボランティアです)
状況によっては開催前から手伝う事もありますが、開催期間中の作業がメインです。
何の作業をどの程度手伝ってもらうかは、各回のオーガナイザーの判断によります。


【作業内容の一例】
・開 催 前:広報(適任者がいない(例:PC所持者がいない)場合は

 サイト管理など)
・開催期間中:受付補助、宿泊者用の鍵&シーツ受け取り・回収、

 掃除チェック、買物係等。